【首都圏直下型地震・南海トラフ地震】ライフライン復旧までの目標日数

震災時ライフライン復旧まで内閣府による過去の震災時の90%程度までの復旧にかかった日数と
首都県直下型地震、南海トラフ巨大地震の95%復旧目標日数を表にしてみました。

過去の震災 90%程度までの復旧にかかった日数

90%復旧にかかった日数
東日本大震災阪神淡路大震災
電力6日2日
水道24日37日
ガス34日61日


首都圏直下型地震95%復旧目標日数(ガスのみ80%)

95%復旧目標日数(ガスのみ80%)
首都直下型地震
電力6日
水道30日
ガス55日
通信14日

引用 内閣府(防災担当)作成資料]

参考動画


南海トラフ地震95%復旧目標日数

95%復旧目標日数
南海トラフ地震
東海近畿山陽四国4県九州
電力1週間後数日~1週間後数日後1~2週間後1週間後
上水道6~7週間後2~4週間後1~4週間後6~8週間後5~8週間後
下水道1~3週間後数日~1週間後数日後1~4週間後3~5週間後
ガス4~6週間後5週間後2週間後4週間後3~4週間後
通信数日~2週間数日~1週間後数日数日~1週間後数日~1週間後

引用 内閣府政策統括官(防災担当)

※南海トラフ地震は規模も大きく広範囲であるため、地震ケースや大きく被災した地域により目標日数が大幅に変わります。
例えば東海エリアの下水道は1~3週間目標ですが、東海が大きく被災した場合は最大の3週間となる可能性があります。

〈想定地域〉
東海(静岡・愛知・三重)
近畿(和歌山・大阪・兵庫)
山陽(岡山・広島・山口)
四国(徳島・香川・高知・愛媛)
九州(大分・宮崎)

南海トラフ地震 シュミレーション動画

ライフライン復旧順序

まず電気が一番早く復旧します。次いで通信→下水道→上水道→都市ガスの順番になります。
復旧順序を理解して備えをしておきましょう。


最新情報をチェックしよう!